株式会社 梅の木 サイトマップ お問い合わせ
会社概要 ご挨拶 工場力 設備紹介 製品紹介 人材・技術開発 ISO認証
私たちは、「工場力」を誇ります。
ご挨拶
株式会社 梅の木 代表取締役 鈴木清明

代表取締役
鈴木 清明
昭和43年11月、2台のプラスチック小型成形機をもって可塑性樹脂の成形加工の会社としてスタートしました梅の木はその後、おかげさまで社業も順調に成長して今日に至っています。
現在は成形機125台、加工機33台、製品測定器6台、金型制作関連機器21台と生産設備も充実し、月産5000万個のプラスチック製品を生産しています。

わが社のミッションは、「最高品質のプラスチック製品を造る」です。そのために「品質方針」を掲げて全社をあげて取り組んでいます。そのひとつの現れが、金型設計及び金型の制作ラインです。ご承知のように製品を造る上でもっとも大切なことは「金型」です。お客様の大変精度の高い要望にも応えられるように平成9年にCATIA・CADシステムを導入し、より精巧な金型設計を可能にしました。この設計を基に金型も自社で制作し、メンテナンスもおこなっています。

一方、成形部門では、例えば異なる材料を同時に成形できる「二材成形機」をいち早く導入し複雑な仕様のニーズに対応するなど生産技術の向上による高品質生産体制を確立しています。そして何よりも金型設計からアッセンブリー工程まで自社での一貫生産体制により、生産されるあらゆる製品に対する品質を保証し、工程の効率化によるコストパフォーマンスを実現しています。

また、わが社は早い段階から社内でTQC運動を導入して品質向上を図ってきましたが、さらに品質力を高めるために2004年には品質力のQCD評価を求めてISO9001を取得しました。さらに近年、特に叫ばれています環境問題、特にプラスチックのリサイクル化などの分野での貢献する所存です。

このように『株式会社 梅の木』は、最先端技術を駆使して高品質製品を一貫生産体制のなかで生産する「工場力」をもつ会社として、これからも成長していきたいと願っております。
なお一層のご愛顧を賜りますよう心中よりお願い申し上げます。
敬具
Copyright (C) 2005-2006 Umenoki Co. Ltd. All rights reserved.